iPhoneの標準カメラは、QRコードの読み取りに対応していませんでした。もし、iPhoneでQRコードを読み取ろうとすると、AppストアでQRコードを読み取るアプリをダウンロードし、読み取る方法しかありませんでした。

しかし、今回のバージョンアップで、標準カメラにQRコードの読み取り機能が搭載されました。

設定>カメラ>にて、QRコードスキャン機能をオンにすれば、めんどくさい設定が一切なしで利用できます。

 

QRコードスキャンを有効にする方法

※iosが11以上の場合になります。

 

1

ホーム画面より、設定のアプリを起動し、カメラをタップ

 

2

QRコードをスキャンをONに

以上の非常に簡単な作業になります。

 

QRコードの読み取り

3

カメラを起動して、画面の中にQRコードが入り込むと・・・

 

5

勝手に読み込まれますので、赤い枠内の箇所をタップ

 

iPhoneの人気に伴い、QRコードを名刺やDMに付けたい、と要望される方は、若干減った気がします。
実際に、「iPhoneで読めないから、QRコードは、なしでいいや!」とおっしゃるクライアント様もいらっしゃいました。

今回のバージョンアップで、またQRコードのニーズが増えるかもしれません。
この機会に、名刺やパンフレットをQRコード付きのものにリニューアルしてみてはいかがですか?

 

ちなみに、ios11?バージョン?という方は、電話もらえれば説明しますので・・・。