ここ最近になって、コンテンツの中に動画を配置して、説明や効果をわかりやすく紹介しているサイトが増えています。
このような形式を採用しているのは、大きな理由があります。
動画を配置していることで、ページでは説明できないこともしっかりと説明され、動画を見て動きなどをチェックしてもらえることが大きいです。
動画を見ているだけで、サービスの中でも利用しやすいものがわかってくるようになりますので、コンテンツ拡大の効果を大きく発揮できるようになります。
昔は動画を入れていることが面倒な要素になっていましたし、広告は画像があれば十分と考えられていました。

 

しかし色々な方法が模索されるようになり、コンテンツも変わったものを入れないと上位に入れなくなりました。
SEOという観点では、上位に入るために他との違いを鮮明に出していかないと駄目ですし、少しでも提供しているサービスがわかってもらうことで、サービスを活用したいと思わせる工夫が大切です。

 

そこで導入されている動画は、サービスの紹介とメリットを中心にしています。

 

動画を最後まで見てくれるかはわかりませんが、動画が用意されているなら、説明をページではなく、動画によってある程度もらえると判断しています。
最後まで細かく見ていくのは、見ている側としてもあまりいいように感じないので、動画によってページの説明ができるようになっていればかなりいい状態となります。
本当に簡易なものでもいいから、動画を入れておく方法はかなり有効になっていて、多くの会社が取り入れるようになっています。

動画の配置場所も大事になっています。配置する場所が上になっていると、残っているページを見てもらえないままとなります。
逆に下に入れてしまうと、他のコンテンツを見られた時にあまりいいと感じられなくなります。
用意されているサービスをしっかりと考えて、中間くらいにおいておく方法が一番ベストで、文字情報と動画情報の両方を見てもらいながら、
最終的にサービスについて十分に理解してもらえる方式を取ります。

コンテンツがいいように変わってくれるだけで、検索サイトで上位に入るようになったり、
検索している人がページに留まりやすくなります。
多くの人に見られるようにしているサイトにならないと、将来的に上位を維持するのは難しくなってきます。
よりコンテンツを良い物に変えるために、動画による拡大はしっかりと検討していくこととなるでしょう。