検索サイトで上位に入りたいと思っているなら、コンテンツの強化は欠かせないものとなります。

上位に入れるようになってくると、それだけでかなり大きなメリットを得られるようになります。

しかしコンテンツを増やしすぎると、逆効果になってしまう部分もあります。

特に気をつけたいのが、不要なコンテンツが大量に出てしまい、要らないページがでてくるケースです。

要らないページをそのまま残してしまうのは良くないですし、コンテンツが大量に用意されているのは、何らかの対策を行っていると判断されて問題となります。

検索順位が下がってしまうと、それだけサイトを見られる可能性が減ってしまうこととなります。コンテンツの増加を図りたいのはいいですが、逆に掲載順位を下げてしまい、どこまで探しても見つからないような状態になってしまうと駄目になります。

コンテンツは適切な量に抑える

そうしないと、本当に厳しい状態になってしまいます。SEO対策を行う場合でも、不要に多くのコンテンツを入れてしまうのは良くないとされていて、そうした状態を作らないように調整することが大事です。

アクセス解析の重要性

32514135 - documents on office table and three men talking in the background

コンテンツをとりあえず増やしてみて、それでもなかなか上位に行けないようなら、まずはコンテンツの中でも見られているもの、見られていないものをしっかり分けるようにします。

これはアクセス解析ツールを利用すると確実にわかるようになりますので、情報をしっかりと把握して、問題なくコンテンツが利用されていることを確認しておきます。もしコンテンツでもアクセスされていないものがわかってきたら、SEO対策のために消してしまうといいでしょう。

消したコンテンツの影響で、上位に入れないというわけではありません。むしろ整理を行っているわけですから、上位に入りやすい状態となるのは間違いないのです。なかなか上位に入れなくて困っている場合には、コンテンツの整理を行ってみるのが一番です。足りているくらいのコンテンツを持っているのに、更に増やしてしまうと逆の効果も出てしまう可能性があるからです。

SEO対策として、多くの情報を提供しておくのはいいとされていますが、逆の効果をも当然出てきます。大量に増やしていることのペナルティは結構大きなものとなりますから、もし上位に入れないような状態になってきたり、思っていたような掲載順位を得られないままとなっている場合には、とりあえずコンテンツの中でもいいものだけに変えてみて、SEO対策を施すといいでしょう。

市場調査による絞込み

22822802 - business chart showing financial success

正しいコンテンツの増やし方やニーズのあるテーマの絞込みによって、中身の濃いサイトの構築が可能です。

市場調査をしっかりし、本当にエンドユーザーの方が求める情報とは何かをお調べいたします。