コンテンツマーケティングは、なぜ登場してきたのでしょうか?

コンテンツマーケティングは、読み手が求めている価値のあるコンテンツを制作・発信し、顧客の育成化とファン化を図るマーケティング手法のことを指します。

従来のマーケティング手法の多くが、すでに商品ニーズの顕在化した顧客をターゲットにしているのに対し、コンテンツマーケティングは、まだニーズが表立って表れていない潜在的な見込み客をターゲットにしています。

そして、このようなターゲットに対し、価値あるコンテンツを提供しながら自社の存在を知ってもらい、最終的に購買へつなげていくことを目的としているのが特徴となります。

では、なぜ、このようなコンテンツマーケティングという手法が現れてきたのでしょうか?時代背景をもとに具体的に見ていくことにしましょう。

現在では、これまで企業が当たり前のように行なってきた広告活動や宣伝手法が通用せず、モノが売れなくなってきました。

例えば、新聞広告やテレビCMといったマス媒体を使用した広告やバナーなどのweb上の広告などがそれにあたりますが、共通して言えることは「セールス型広告」ということであり、企業側の一方的な売り込みがその特徴と言えます。しかし、パソコンはもちろん、スマホやタブレットからのネット普及で生活者は自らが求めている情報を積極的に探すようになり、新たな商品情報の入手先はネット検索によるものが主流となってきました。

マス媒体を使用した広告がスルーされ、バナー広告もクリックされず、登録はされてもなかなか読まれないメルマガなど、企業やお店にとっては頭の痛い状況が日常化されてきたわけですが、そもそも生活者は企業や商品、サービス自体にそれほど興味があるわけではなく、興味があるのは自分自身のことや自らのニーズ、欲求だけなのです。

だからこそ、生活者にとって有益で価値ある情報を提供するコンテンツマーケティングという手法が世に出てきたわけですが、次にこうしたコンテンツを制作し、発信することのメリットを具体的に見ていくことにしましょう。

 

広告宣伝費を抑えることができる

コンテンツ自体の情報価値がなくならない限りは、潜在的見込み客との接点が増え、コスト効率も良くなっていきます。

 

その道のプロとして信頼される

価値ある情報を提供することで、専門家としての認知付けが可能となるからです。

 

顧客満足度が高められる

「こんなに役に立つ情報を提供してくれるなんてありがたい」といった気持ちが生活者の中で芽生えるためです。

 

情報を自然な形で発信できる

売込みではない情報はそれ自体が生活者にとって嬉しいばかりでなく、生活者がSNSなどで拡散してくれることは、企業にとっても嬉しいことです。

 

このように、コンテンツマーケティングは時代の要求により誕生してきたわけですが、発信側もまず、生活者になり代わって「本当に得たい情報とは何か?」を考えながら情報提供することが重要と言えます。