飲食店や美容サロン、をはじめ一般企業の有効な販促ツールとしてSNSがあります。

 

ポスティングやこれまで主流となっていたメールマーケティングに比べて、
短時間の内に多くの方へ情報を伝える事ができる事から導入している企業は増加しています。

 

とはいえ、SNSといっても種類は多く、同じ内容を手あたり次第に投稿しているケースは少なくありません。
そこで今回は、それぞれの特徴を生かした、SNSを活用したマーケティング戦略についてご紹介したいと思います。

 

LINE

数年前から加速的に普及しているのがLINEです。
もともとは一般人向けのコミュニケーションツールとして登場したのですが、
今でははマーケティングツールの1つとして採用している企業は多いです。

 

Twitter

次にTwitterです。気軽に配信出来る事や身近に感じられるツイートが多い事から、
扱いやすいツールといえます。

 

Facebook

そしてFacebookでは長文を掲載する事ができるためにお店の特徴やアピールポイント、
さらには写真を掲載できるなどお店のリアル感を伝える事ができます。

 

Instagram

また、Instagramは写真や短時間の動画を配信出来る特徴を活かして
ブランディングの一環として活用する企業は増加しています。

 

SNSで大切な事についてプロフィールは必ず掲載します。
その中で、運営者の人柄が伝わる様な内容にする事で、より親近感を持ってもラう事が可能となります。
また、どういった特徴があるのか、どんなサービスを提供しているのかなどを画像などを用いて印象に残る様にアピールすることが重要です。

 

SNS活用時に注意したいこと
最も気をつけたいのが、軽率な投稿をしてしまうと瞬く間に炎上してしまうという事です。
こうならない為にも投稿する内容についてのガイドラインを設けておく事が大切です。
そして投稿内容では、出来るだけ画像を取り入れる様にします。
文字だけになってしまうとインパクト性に欠けたり、余程の内容でない限り興味をもたれません。

 

また、定期的に更新する事が大切です。更新頻度が少なければ次第にユーザーは興味を示さず離れていってしまいます。そ
してコメントや評価に対しては感謝の気持ちを伝えるためにも返信しておくのがマナーです。

 

この様に、ソーシャルメディアを用いたマーケティングは今後も拡大していく事が予想されます。
しかし忘れてはいけないのが、あくまで売り込みではなく、共感をしてもらうことが目的になるという事です。
店舗運営している場合であれば、どうしても多忙となってしまい、
お客様とのコミュニケーションをとる機会というのは難しくなります。

しかしSNSを活用することにより、そういった悩みも解消しやすく、よりお客様との良好な関係を築きやすくなります。