Webでの販売促進を行なう上で、成功するための要因はいくつもありますが、「webライティング」も重要な要因の一つです。

  • 「モノはいいのにネットで紹介してもまったく売れない」
  • 「どんな文章を書けば生活者の心に「刺さる」のかわからない」

しかし、この様な担当者の悩みや問題が多いのもまた事実です。
では、どのような文章がwebライティング制作を行なう上で効果的なのでしょうか?具体的に見ていくことにしましょう。

 

文章の整理整頓

きちんと読んでもらえる工夫がされていて、わかりやすく理解できるように、情報が整理整頓されているかどうかが重要になります。
ネット上は、印刷物に比べて全体を一目で捉えづらく、文字が読みづらいといった特徴があります。そのため、いくら生活者が興味を引きそうな文章を書いたとしても、それがただズラズラと羅列されているだけでは最後まで読んでもらえません。
キャッチコピーを大きな文字で表すことはもちろん、大見出し、中見出し、小見出しと情報を分類しながら、全体的にもメリハリのある表現を心がけましょう。

さらに、読みやすく構成するにはただ長い文章よりも、箇条書きを効果的に使った文章の方が断然見やすくなります。ですので、「何を」書くかについて考えた後に「どう」伝えるかも十分考えるようにしましょう。

キーワードの最適化

次に2つ目ですが、検索エンジンに評価され、SEO対策になるキーワードを意識したライティングを心がけることが重要になります。そのためにはまず、本文中にキーワードを自然な形でバランスよく入れることが大切になります。検索エンジンは特に、文章のより前に位置する単語に反応するため、できるだけ前に配置し、ページタイトルにもキーワードを用いるようにしましょう。

また、キーワードに関しましてはお問い合わせ頂ければ、弊社でお調べいたしますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

1

 

情報の整理

最後に3つ目ですが、webライティングを広義で捉える姿勢が重要になります。
Webライティングは企画・アイデア出しやコンテンツライティング・デザインとは別物として捉える考え方もありますが、効果的なサイトというのはこの「企画・アイデア」「コンテンツ・デザイン」「webライティング」の3つの要素が揃ったときに効果を発揮します。
前述した文章表現を考えることに加え、商品やサービスの魅力を十分に訴求し、信用されるサイトの企画構成ができることや、商品サービスの周辺情報、市場環境などをきちんと理解し、情報整理できる力も重要になります。

以上がwebライティング制作を行なう上で効果的な3つのポイントとなりますが、要点をおさえ、ぜひ魅力あふれるサイト作りを行ってください。