文字だけのホームページが存在するでしょうか。特に商用サイトであれば、画像や写真は必須です。良質な文章を掲載して、商品の魅力を伝えたり、分かりやすく説明したりすることは可能です。 しかし、テキストだけでは限界があるのも事実です。画像や写真では、使い方次第でインパクトがだせます。商品やサービスの魅力をより直感的に伝えられます。 文字だけで伝えていた場合と比べて、はるかに効率的に自社サイトの説明が行えたり、見栄えのするホームページに仕上げられたりします。

Webサイトには、デザイン要素が欠かせない

もちろん、センスだけではなく、経験を積むことで、よい画像や写真を作成できるようになることは可能です。 とはいえ、デザインを施そうとすると、センスが求められます。感性の問題もありますし、向き不向きもあります。デザイン性を増そうとしても、一朝一夕で身につくものではありません。 特に重要なのは、Webサイトのヘッダー画像です。ヘッダー画像は、全ページで共通して表示されるのがふつうです。また、全てのサイト閲覧者が、必ず目にするのがヘッダー画像です。 そのため、企業イメージに与える影響の大きい箇所ですし、商品やサービスの売れ行きを大きく左右する重要度の高い箇所です。

有意義な画像や写真とは

では、有意義な画像や写真をどうしたら制作できるようになるのでしょうか。まずは、弘法筆を択ばずではなく、必要に応じて画像作成ソフトや有料のフォントを買い揃えるのが大事です。 何を使って制作しているかの違いだけで、サイトのデザイン性は、格段に向上します。ちなみに、フォントとはホームページで使用される文字の種類のことです。 一例を挙げると、明朝体やゴシック体などがあります。さらに、伝わる画像作成のための書籍やセミナーを利用するのもおすすめです。 これらのものに投資をして、デザインに関する基礎知識を身につけるのが、第一ステップです。 自分の感覚だけで画像などを作っている人も多いのですが、一定以上のクオリティーのものを作成するには、ルールや法則性の理解が必要不可欠です。 例えば、赤、青、緑、黄、紫などの色をふんだんに利用すると、快活で元気のある印象に仕上がりやすいです。子供向けのサイトでは、よく見られる画像構成です。 あるいは明度を落とした茶系や黒色を使用すると、落ち着いた印象になったり、高級感を演出できたりします。また、画像や写真のレイアウトも重要です。 会社ロゴはサイトの左上にあるのが、一番分かりやすいですし、ユーザビリティーの向上に一役買います。デザインの世界には、黄金律のようなものがあります。 それを理解するだけでも、インパクトがあり、売上に結びつきやすいサイトにすることが可能です。