ビジネスの世界では、インターネットをフルに利用した戦略が用いられることが増えてきました。
取引先との連絡手段もインターネットを利用して、メールやりとりWeb会議というスタイルに映ってきています。
このように如何にインターネットを上手く効率よく利用できるかが、ビジネス拡大のチャンスでもあります。

Web戦略の重要性

そのためには、自社のホームページも充実させることが重要なボイントになってきます。
このWebを充実させて、多くの人々に向けて自社のPRをすることが、事業拡大の鍵を握っていると言っても過言ではありません。
世の中には、実体のないバーチャル的なネットショップだけで販売を拡大している企業さえあるのですから。
ここでWebを有効的に活用させるためには、顧客の囲い込みを成功の分かれ道になってきます。
特定の得意先だけでは、販売を伸ばすことに限界があります。
したがって、新規の顧客もWebで取り込むことができるようにしなくてはなりません。

LINE@活用法

その方法として最近利用される事が多い、LINE@は無料で活用できるため、まだ取り入れていない企業様は是非取り入れてみてもいいかもしれません。

定期的に発行して、特定の人を対象に送信されるLINEは、昔で言えば、メルマガのような物です。
しかし、LINEは、未読のままだとバッチがついたままになるため開封率が非常に高いのが特徴です。

DMと違い経費面でも作成費や郵送代を削減することができますし、なんと言っても情報の伝達スピードが違ってきます。
このような意味でLINE@の活用は、顧客を囲い込むことができるインターネットならではのオーソドックスな手法として確立されています。

しかし、ここで課題となってくることは、いかに新規の友だちを増やしていくかです。
そのために必要なことが会社のWebなのです。
カタログ送付希望、資料のダウンロード等もインターネットからできるようになっていますが、この時にアクションをしてきた人のLINEアカウントを如何に取得できるかが、友だち増加のカギとなっています。

そのためにWebでは、LINE@限定のセール情報やサービスなど、友だちになるとお得だと感じてもらえる様な戦略が必要になります。

LINE@は一般的に関心のある人だけが希望して登録する傾向があるので、会員登録に抵抗がある人もいることも念頭に置きながら、Web画面作りに配慮しなければなりません。
LINE@の友だちに登録してくれた人は、企業にとっては、将来有望な顧客になり得る大切な財産です。
有益な情報を定期的に与えることができるLINE@とWebの連動させた仕組みこそ、インターネットを利用した新規顧客戦略なのです。